[構成]


序 二つの「敗戦」が強いたこと


一 「第一の敗戦」でつかんだこと
    ○二十歳の敗戦と「無抵抗な武装解除」
     ○庶民は手をふるだけだった 谷川雁と吉本
     ○「大衆の原像」を据える
     ○小林秀雄から学んだ教訓
     ○「科学の進歩」を止めない

二 なぜ「反・脱原発」を批判したのか

  青春時代の不気味な予言
     ○「原子核」と「生活の簡便化」と「復讐」
     ○「人間的なあまりに人間的な問題」
  三・一一後の発言
     ○福島第一原発事故を受けて
  「反核」批判とチェルノブイリ原発事故をめぐって
     ○八〇年代反核運動の盛り上がり
     ○「反核」運動に噛みつく
     ○「原発促進派ではないが、反原発に反対」
     ○「反核」と「反原発」
  反核・反原発批判の背景
     ○ソフト・スターリニズム批判
     ○「普遍的な正義の場所」
     ○敗戦の総括から
     ○「科学戦に敗北した力不足」
     ○「科学の進歩」と「原発稼働」の間
  原発容認論の問題点
     ○原発容認論の要約
     ○その問題点

三 軋みと危機

  「大衆の原像」というOS
     ○「あまりに乱暴な素人の論理」
     ○「谷中銀座」の吉本隆明
     ○大衆と知識人
     ○それぞれの課題
     ○OSとしての「大衆の原像」と「自立」思想
  「大衆の原像」の危機
     ○「揚げ底化」と崩壊
     ○横滑りさせた「大衆の原像」
  産業の高次化の先にみたこと
     ○『ハイ・イメージ論』を超える事態の出現
     ○生産と消費をとらえそこなう
     ○消費するだけでお金を殖やす方法
     ○遅延は価値を生むか
     ○「産業の高次化」を生むはずの「遅延」の解消
  アジア的・アフリカ的段階の設定
     ○「アジア的」ということ
     ○「アフリカ的段階」で狙ったこと
     ○マルクス史観の批判
  「史観の拡張」は実を結んだか
    ○近代ヒューマニズムを壊したかった
     ○「東洋の美風」と「産業の高次化」の分裂
  「贈与価値論」の近代的性格
    ○等価交換と贈与交換
     ○「機能主義」でみられた食と農
     ○富者が貧者に与える寄付と変わらない
     ○西欧知的贈与論の陥穽
  贈与と遅延をめぐる格闘
    ○誕生へ遡る贈与論の問題点
     ○欲望の肯定か否定か
     ○帰り道を見失って

四 「第二の敗戦」で問われていること 

  晩年漏らした意外な慨歎
     ○「第二の敗戦期」ととらえる視線
     ○「恥ずかしそうな小さな声で」
  引き裂かれと異和
  
     ○「科学」と「富や商売」
     ○大きな引き裂かれ
     ○「科学」も「経済」も部分でしかない
     ○経済の達成と「死」のにおい
     ○「理想像」につきまとう「浮かない感じ」
     ○捨象してしまったこと
     ○「食える」で消えること・消えないこと
     ○産業の速度と心の病い
     ○「欲望か反欲望か」を超えて
     ○「大衆=欲望」とみる視点
  科学技術と「現代の超克」
     ○近代の敗北
     ○「自然を拷問して口を割らせる」
  ハイデガーの技術論と吉本
     ○「役立つものの仕立屋」
     ○技術の主人と奴隷
     ○原子力と人間の「無能」
  「第二の敗戦」は「近代の敗戦」
     ○「上に抜けること」と「下に抜けること」
     ○「現代の超克」と資本制
     ○福島第一原発事故は「近代の敗戦」

五 「存在の倫理」から「贈与存在の倫理」へ

  「存在の倫理」と贈与
     ○再設定としての「生の原型」
     ○九・一一と「存在の倫理」
     ○「存在の倫理」と信仰・信念
     ○贈与としての存在
     ○贈与の二重性
     ○原子核と「存在の倫理」
     ○贈与から立ちのぼる「心的価値」

  第三の「宿命」
     ○「宿命」への驚き
     ○近代の超克と心的価値交換
  営為と労に報いる道
   ○「変わってもらっては困る」という言説
     ○心的価値の交換・ネットワーク・「近代の超克」

 言葉と略年譜




               



Home


スローワーク論
知の岸辺にて
徒然にスロー
続・鞍馬口風録
鞍馬口風録

インド その西へ

単行本
プロフィール
深海遙 著述
豊田企画制作舎
連絡先

リンク



新刊
 
(2013年6月10日発売)

地方・小出版流通センター発行情報誌「アクセス」
新刊ダイジェスト(2013年08月号発行分)


「Myaku 17号」(評者松本輝夫氏)

「毎日新聞」書評(2013年8月25日)


『吉本隆明と「二つの敗戦」』

近代の敗北と超克



1945年と2011年の「二つの敗戦」――。
二つの敗戦は吉本隆明さんの思想営為にどんなことを強いたのか。
その軌跡を辿りながら、
近代(を極めた現代)の超克の方向を探る。

著者=とよだ もとゆき
出版社=脈発行所
定価=1,500円(税別)
判型=四六判
体裁=並製、184ページ

★発行元は那覇の「脈発行所」★
長年沖縄で「島尾敏雄論」や詩の表現活動を続け、
平行して同人誌「Myaku」(脈)を主宰してきた
比嘉加津夫さんが運営。


【脈発行所 比嘉加津夫】
電子メールで注文可
メールアドレス higa20@nirai.ne.jp

【ネット】
 丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネット
e-hon

ジュンク堂池袋店、京都・三月書房、ほか一部大型書店で
(「地方小出版流通センター」取扱)