Home

「和風」原論

スローワーク論
吉本隆明と現代の超克
知の岸辺にて
徒然にスロー
続・鞍馬口風録
鞍馬口風録

インド その西へ

単行本
プロフィール
深海遙 著述
豊田企画制作舎
連絡先

リンク




「和風」原論






8-1 おわりに 下 「在る」あわれ 「無い」あわれ

8-1 おわりに 上 「開化」とエミュレータ

八章 おわりに


7-7 洋風を批判できる力5 「宗教」を相対化できる和風

7-7 洋風を批判できる力5 「宗教以前」ゆえの危うさ

7-7 洋風を批判できる力5 なぜ「宗教」に寛容なのか

7-6 洋風を批判できる力4 「大地といのちの支配」という「善意」の転倒

7-6 洋風を批判できる力4 どこにもない「あるがままの自然」

7-5 洋風を批判できる力3 「労働力」商品化の無理

7-5 洋風を批判できる力3 雇用制度が抱える問題点

7-4 洋風を批判できる力2 すべてを「計算」に持ちこむ傲慢

7-4 洋風を批判できる力2 「生産」と「消費」という対項の崩壊

7-3 洋風を批判できる力1 「支配による自由」の悪無限

7-3 洋風を批判できる力1 「消費」概念にみる西欧的限界

7-2 「あわれ」を受けとめ味わう力 
「かわいい」


7-1 「絶対の主観」を立てない力(2) 関係の移動

7-1 「絶対の主観」を立てない力(1) 視点の移動

七章 和風の力


6-4 ★番外編★ 私の叔父さん 下

6-4 ★番外編★ 私の叔父さん 上

6-3 「流れるままに」 誰も責任をとらない

6-2 「絶対無」による「存在の召し上げ」(2) 「神」と「神道」

6-2 「絶対無」による「存在の召し上げ」(1) 「存在の召し上げ」

6-1 列島人の優性・劣性の関係(2) 優性と劣性は分けられない

6-1 列島人の優性・劣性の関係(1) 和風の「宗教的空白」

六章 和風の落とし穴


5-5 「神」から「カミ」へ(2) 「神」から「カミ」へ

5-5 「神」から「カミ」へ(1) 「神」の語源

5-4 自然への二つの態度(3) 「負い目なし」への偏向

5-4 自然への二つの態度(2) 「羊」と「青い草」

5-4 自然への二つの態度(1) 「利用」は「負っている」

5-3 「祟り」の構造(2) 「たたり」は両義的

5-3 「祟り」の構造(1) 祟りと負い目

5-2 心の価値交換(3) 経済社会の価値交換

5-2 心の価値交換(2) 贈与と価値交換

5-2 心の価値交換(1) 心の価値交換と霊性

5-1 「アニミズム」と「一神教」(2) 「負い目なし」

5-1 「アニミズム」と「一神教」(1) 「負い目」の構造

5章 「負い目」と「祟り」の構造 和と洋の自然観


4-3 「恥の文化」の構造 (2) 「カタジケナイ」と「恩」 ルース・ベネディクト(下)

4-3 「恥の文化」の構造 (1) 「罪」と「恥」  ルース・ベネディク ト(上)

4-2 洋風を信じて和風を批判(戦後) (5) 「甘え」批判の甘え 土居健郎

4-2 洋風を信じて和風を批判(戦後) (4) 空気を断ちきるのは絶対神 山本七平 (下)

4-2 洋風を信じて和風を批判(戦後) (3) 「空気」の支配 山本七平 (上)

4-2 洋風を信じて和風を批判(戦後) (2) 「つくる」主体の確立 丸山眞男 (下)

4-2 洋風を信じて和風を批判(戦後) (1) 債権行使の「革命」 丸山眞男 (上)

4-1 和風を貫いて洋風を批判(戦前)(7) 「国体」と「日本精神」 和辻哲郎

4-1 和風を貫いて洋風を批判(戦前)(6) 「いき」の美学 九鬼周造 (下)

4-1 和風を貫いて洋風を批判(戦前)(5) 「いき」の美学 九鬼周造 (上)

4-1 和風を貫いて洋風を批判(戦前)(4) 鈴木大拙と「日本的霊性」

4-1 和風を貫いて洋風を批判(戦前)(3) 西田幾多郎と「無」(下)

4-1 和風を貫いて洋風を批判(戦前)(2) 西田幾多郎と「無」(上)

4-1 和風を貫いて洋風を批判(戦前)(1) 新渡戸稲造と「武士道」

4章 近代化と「和風」 日本列島の格闘


3-6 「自然を支配したい」という悪無限 神・人間・奴隷

3-5 神を殺したあとの荒廃(3) ハイデガー 存在の「負い」

3-5 神を殺したあとの荒廃(2) ニーチェ 「意志」の形而上学

3-5 神を殺したあとの荒廃(1) ヘーゲルとマルクス 市民社会批判

3-4 「人間絶対主義」の確立(3) カントの「やりかえせ」

3-4 「人間絶対主義」の確立(2) ロック 「身体を所有する権利」

3-4 「人間絶対主義」の確立(1) デカルトの「ゆえに私はある」

3-3 起源はヘレニズムとヘブライズム 西欧的思考の源流

3-2 「デカンショ」の近代 デカンショ・デカンチェ

3-1 近代は限界を迎えている(2) システム土台の限界

3-1 近代は限界を迎えている(1) 宮沢賢治の狐拳

3章 「人間主義」という袋小路


2-2 親しい「交わり」、生きた「かたらひ」(2) フラジャイル・カントリー

2-2 親しい「交わり」、生きた「かたらひ」(1) 小林秀雄 「事物と情との緊密な交渉」

2-1 「あわれ」とは心感(うご)かすこと(2) 本居宣長 「もののあわれ」

2-1 「あわれ」とは心感(うご)かすこと(1) 「あわれ」の意味

2章「和風」の源U 「あわれ」


1-3 忘却と再発見(2)  独自性と負性

1-3 忘却と再発見(1) 「MOTTAINAI」「のさったなあ」「もっけだの」

1-2  「かたじけなさに涙こぼるる」(3) 「かたじけない」構造

1-2  「かたじけなさに涙こぼるる」(2) 西行の涙

1-2  「かたじけなさに涙こぼるる」(1) ポール・クローデルの言葉

1-1  二つのノーベル文学賞の記念講演 川端康成と大江健三郎

1章 「和風」の源T 「かたじけない」


0 はじめに